水道の修理をするための基本知識

水道の修理をするための基本知識 水道 修理で失敗しないためには、基本的な知識を持つことが大切です。水道管の不具合や摩耗、破損を早めに見つけることができれば、水漏れの被害が拡大するのを防ぐことができます。水漏れの箇所が分かれば、応急処置を行うことです。自分で修理できる場合もあれば、業者に依頼しなければいけない場合もあるので、その見極めをすることも大事です。
また、業者に依頼する場合も対応できる場合と、対応できない場合もあるので、対応可能な範囲を知っておくことも大切です。業者を選ぶときは複数の業者に相見積もりをしてもらいます。なるべく早めに対応してもらうために予約だけでも先に入れておきましょう。水道 修理で必要な基本知識を紹介します。

■水漏れ診断の仕方

水漏れで問題なのは配管から、にじむように水が漏れているときです。水が漏れる原因が分からないうちに、ある日突然に、配管が破裂するような事故になることもあります。小さな水漏れを見逃さないために、使用した水の量を計測する量水器を利用します。水漏れが疑われるときは、家中の水栓を閉めてから、量水器を観察します。約10分観察して量水器がわずかでも動いていれば、水が漏れている可能性があります。
後は水漏れの箇所を目視で調査します。家中の水回りの箇所をひと通りチェックし、よく観察します。目視ではなく、音で聞き分ける方法もあります。水を使った後に栓を閉めると、気体が抜けるような音が聞こえると、配管に異常があると考えられます。水漏れ箇所が特定できないときは、業者に依頼してください。

■応急処置の方法
業者に依頼する前に応急処置でしておかなければいけないことがあります。特に水漏れで床が水浸しになっている、蛇口から水が勢いよく流れている場合は、まず、水道の止水栓を閉めることです。急な水漏れが起きたときに、慌てていきなり修理業者に連絡する方がいますが、これ以上、水漏れの被害を拡大させないために、止水栓を閉めることが先決です。止水栓の場所は給水管1ヶ所に付いている場合と、家の外に大元がある場合があります。
トイレや洗面所、台所の給水管からの水漏れは、給水管の止水栓を閉めます。給水管に付いていないときは、家の外に元栓があるので閉めてください。その後、賃貸マンションや借家で水漏れが起きているなら、管理会社や大家さんに連絡をして、こちらで業者を手配できる場合は、修理業者を探して連絡します。

■業者が対応できる範囲と依頼方法

水道 修理業者でもすべて対応できるとは限りません。大半の業者が対応している水道 修理は、蛇口からの水漏れ、パッキンの経年劣化、シンク下の排水管からの水漏れ、屋外の散水栓や蛇口の破損、単水栓から混合水栓への交換などです。以上のトラブルであれば、大体の業者の対応が可能ですが、対応できない場合は作業を行う前の見積もりの際に、説明してもらえます。
問い合わせは電話が一般的で、特に緊急時や急ぎで連絡が欲しいときは、メールではなく電話で問い合わせするのがおすすめです。業者を選ぶときの基本は3社から見積もり依頼をすることです。見積もり依頼をするときは、出張と見積もり費用が無料の業者を選びましょう。ホームページに無料の記載がなければ、有料であることが多いです。見積もり料金とスタッフの対応に納得ができれば、作業を依頼します。

■まとめ
水道 修理で失敗しがちなのは業者選びです。水道から水が漏れるという差し迫ったトラブルに遭遇すると、早く解決しなくてはとよく調べずに業者に依頼して、納得がいかないまま、料金を請求されるというケースが起きがちです。面倒でも見積もり依頼をするようにして、料金相場を確認しましょう。見積もりが無料の業者でも、料金に納得がいかなければ、断っても構いません。水道 修理についての基本的な知識を身につけておけば、いざというときに慌てずに対応できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース